取り立て・対策

夜逃げしても闇金から逃げられない

更新日:

闇金から夜逃げしても根本的に解決になりません

精神的に追い込み脅かすことが取り立て・嫌がらせの目的

高金利だと分かっていてもやむなく闇金からお金を借りてしまった人もいれば、押し貸しやキャンセル料金融といった詐欺行為にひっかかり、意図せず闇金と関わってしまい嫌がらせや取り立て被害にあってしまう人もいます。

闇金は警察の捜査がおよばないよう、現在では店舗を構えず携帯電話だけで営業し、返済が滞っても直接取り立てには来ず、執拗な嫌がらせを繰り返して精神的においこみ、振り込ませるという取り立てをする事が増えています。

電話回線をパンクさせるために一斉に、そして長時間にわたり会社の電話をならし続けたり、夜中に大量の出前が届いたり、留守番電話に恫喝して家族にも被害が及ぶこと、いつまでも取り立ては続き終わらないと思い込ませ、脅えさせることが狙いです。

恐怖で思考が停止し、言いなりにさせることを狙っているのですから、毅然とした態度で対応しない相手はカモとみなして執拗に嫌がらせしてきます。

いつまでも終わらない嫌がらせが恐怖に変わり、警察に行っても止めることができない状況と、誰に相談したら解決出来るのか分からない状況に追い込まれたとき、夜逃げすることを考えてしまう人もいます。

ここまで追い込まれている人の場合、借りている闇金業者も一件や二件ではなく、もちろん消費者金融や知り合いなど、ありとあらゆるところからお金を借りている多重債務者であることが多いです。

闇金の嫌がらせや取り立てが仮に納まっても、それ以外の借金もあるためまともな生活を送ることができない。

そう考えると、いっそのこと夜逃げして全ての問題から逃げ出したいと考えるのですが、逃げたところで解決にはなりません。

住民票を動かすと闇金にも身元はバレる

仮に夜逃げしても、よほど高額融資をしている相手でもなければ直ぐに闇金業者は追ってきません。

最低限、貸し付けを行った際に聞いている個人情報から、親・親戚・友人・職場などありとあらゆるところに取り立て・嫌がらせは行いますが、本人が本当に逃げていない、周りの人間からも取り立てられないと分かると一旦止まります。

夜逃げする程の相手ですから、身近な人に取り立てても無駄な事が多いのです。

数万円程度の少額融資をした相手に時間をかけて探し回っても非効率ですし、新規顧客開拓や他の取り立てなどやるべき業務は沢山あるため、そんな事に時間をかけてこないのです。

ですが、違法な闇金業者は逃げられた事を放置することでメンツが潰れることを嫌がるため、もちろん完全に放っておく訳でもありません。

逃げた相手が住民票を移すのをじっと待っているのです。

住民票を変えずに生活するといってもまともな生活は送れませんから、逃げた先でいつか住民票を移動させる時が来ます。

夜逃げした人は、もうこれだけ時間が経てば大丈夫だろう。と思えるまで住民票を動かさない人もいますが、闇金業者は知的で非常にしつこくメンツにこだわるため、長期にわたり飛んだ相手のことを探し続けています。

夜逃げするよりも闇金対策と借金の整理が必要

闇金から夜逃げをしようと考えるより、早急に法律の専門家に相談をして、まずは違法な闇金業者の取り立てをストップさせることに手を打つべきです。

そして、闇金以外にももし借入があるのであれば、別途債務整理の相談をして、自身の生活を立て直すように努める事が大切です。

闇金は弁護士が介入した時点でカモとして見なすことを止め、数日で取り立てや嫌がらせは止まります。

その上で、借金問題を解決するための債務整理を行い、今からでも人生をやり直すことを強くオススメします。

依頼をして本当に直ぐに悪質な取り立てが止まります。即日で嫌がらせもさせません。直ぐに相談されることをオススメします。

闇金相談サポートトップページに戻る

-取り立て・対策

Copyright© 闇金相談サポート@警察だけでは駄目!取り立て嫌がらせ対策法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.