闇金の手口

タチの悪い押し貸し・架空請求・キャンセル料金融という手口

更新日:

もはや高金利での貸し付けだけではなく詐欺・恐喝の闇金手法

押し貸し

押し貸しとは勝手に口座に金を振り込んでおいて、高額な利息などを支払わせる闇金の手法の一つです。

過去に闇金を利用したことがある場合、銀行口座の情報が相手に渡っているのでこれを悪用されることも多く、この押し貸しもまた口座を悪用する手口となります。

何の脈絡もなく勝手に振り込んでくることもありますが、過去に定期的に利用していたようなケースでは「いつも通りに振り込んでおいた」などとする言い訳をしたり、貸し付けの勧誘電話の際に「給料日まで苦しくない?」と世間話をしておいて「はあ、まあそうですね・・」などと濁すと、後で勝手に振り込みをして「苦しいから借りるって意味に受け取った」などと難癖をつけます。

貸し付けを断っても、「一旦実行したから取り消せない、取り消すにはキャンセル料がかかる」などとしてさらに金を請求するなどの行動に出ることもあります。

押し貸しにあった場合、借り入れの意思がなく契約もなければ返金の必要はありませんが、勝手にその金を使ってしまうと後で闇金特有の難癖をつけてどんどん大きな要求をしてくることがあります。

できるだけ速やかに専門家に相談し、またこのような被害に合わないためにも過去に闇金利用時に使った銀行口座や電話番号は解約してしまうのが得策です。

カラ貸し

闇金の中でも悪質性が高いものの一つに「カラ貸し」があります。

これは融資や貸し付けの実体がないのに弁済を迫るものです。

よくあるのが、以前に闇金を利用したことがある人に対して電話やメールなどで接触し、「過去の取引の返済が残っていて利子が相当に膨らんでいる、すぐに弁済してくれるならば金額に融通を利かす」など譲歩を見せながら金員を支払わせるものです。

実際は完済され何の債務もないのに債務をでっち上げて弁済(と称する金員の交付)を迫るという、闇金ならではの悪質な手口と言えます。

闇金を利用したことのある人の情報は名簿屋などでリストとして出回っているので、こうした人がカモにされてしまうことが多いですが、過去に一度も利用したことのない人でも、近親者が利用していた場合にはリストに載ることがあるので、手当たり次第に接触してくる業者からコンタクトを受ける恐れもあります。

「あなたの父親が以前借りた分の弁済が済んでいない」などとし、断ると嫌がらせや迷惑行為に発展することもあります。

反面、本当に残債が無いことが明らかである場合には最初から詐欺であることが自分たちも分かっているため、詳しく話を聞かずに無視していると割と早くに手を引くことも多いです。

勝手にヤミ金の保証人にされるという手口もある

自分の家族や知り合いがお金を借りるために闇金を利用してしまった場合において、相手からその人に関係のある人を保証人にさせるということがよくあります。

保証人にすることによって、借りた本人以外にも借金の返済を要求することができるので、より回収しやすくなるからです。

そこでもし自分の家族や知り合いがヤミ金から借金をした場合に勝手に保証人にされてしまった場合はどのようにすればいいのでしょうか?

法律上は勝手に保証人にすることはできません

人の借金の保証人になるためには借金の債権者とその借金を保証するという保証契約を締結する必要があるので、法律上は勝手に保証人にすることはできないということになります。

いくら債権者と債務者の間で勝手に保証人にされてしまっても、自分はその契約を締結していないので、保証人にはなっていません。

そのため勝手に保証人にされたといっても保証債務を負っていないので、その借金を返済する義務は自分にはないということを債権者に対して主張することができるので、借金をどのようにして返済しようとか考える必要もありません

キャンセル料金融

これは、キャンセル料金融とは言いながらも実際は金融業でもなんでもなく、タダの言いがかりによる金員の請求手口を指します。

融資を希望する顧客からの問い合わせに対し、金額や条件などを聞いて融資を断ろうとすると「もう金は用意してある。キャンセルするならキャンセル料を支払え」などとするものです。

名目は何でも良く、キャンセル料だったり迷惑料だったり、審査代だったりと色々です。

貸し付けを希望する顧客は最初は融資を受けられるか否かという圧倒的に不利な立場であり、また審査に当然必要ということで電話番号や職場、家族の名前などの情報を相手に渡してしまっています。

これによって後からキャンセル料を請求された時に断ったとしても、嫌がらせを受けて金員の要求をされることになります。

少額で済むのならと相手の要求を飲んで金を支払うと、さらに身勝手で理不尽な要求を受けることもあります。

接触の方法としては以前自社と取引のあった顧客に対するものもありますが、要は言いがかりをつけるきっかけさえ掴めればいいので、名簿屋からリストを購入してランダムに電話やメール、DMなどで勧誘します。

強引なものでは勝手に口座に金を振り込んできてキャンセル料を請求する押し貸しのようなパターンもあります。

気が弱く言いなりになる顧客には強気で出てくることもあるので、不当にキャンセル料を請求されたら弁護士などの専門家に相談して対処するようにしましょう。

自分でヤミ金問題を解決できない場合

請求を無視してもなかなか止まらないなど自分で解決することができない場合は警察への被害届を出すとともに闇金専門の弁護士に相談するのがいいでしょう。

ヤミ金のやっている行為は詐欺や恐喝などの刑事事件に当たるので、被害届を出せば警察は動いてくれます。

また闇金専門の弁護士に手続きをお願いすれば、即日で交渉を開始してくれるため、早期に請求をストップしてもらうことが可能です。

闇金側としても警察に捕まることを恐れていて、また法律に精通している弁護士が間に入ってくるのを嫌がるので、このように対処することによってすぐにヤミ金問題を解決することができます。

※闇金に強いデュエル法律事務所の無料相談!
 24時間年中無休で電話対応しています!
 クリックすると電話できます→ [0120-387-028]

闇金相談サポートトップページに戻る

-闇金の手口

Copyright© 闇金相談サポート@警察だけでは駄目!取り立て嫌がらせ対策法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.