闇金の手口

携帯電話や銀行口座を闇金に売ると詐欺の片棒を担ぐことに・・

更新日:

闇携帯とはスマホや携帯を違法に手に入れ悪用・転売する闇金の手口

闇携帯とは携帯電話にまつわるもので、闇金業者の利益になるような騙し手口のことを指します。

実はこの闇携帯は闇金業者にとって、2種類の利益になるため利用価値が高く、多くの被害者が出ている状況です。

ただ注意が必要なのは、闇金を利用する側は通常被害者としての立場ですが、
闇携帯に関しては加害者として詐欺の片棒を担いだことになることです。

現在、すでに闇金業者に指示されて携帯やスマホを契約し渡してしまっている方は、
詐欺の容疑で警察の捜査がおよぶ可能性もある重要な問題ですので、早急に法律の専門家に相談して下さい。

ここでは、白ロム詐欺の手口とその危険性を説明します。

白ロム詐欺と呼ばれる手口

これは、融資を希望する相談者に対して、

「あなたは金融事故を起こしているので信用がなく、このままでは融資できない。
信用を作るために携帯電話を購入し、それを当社に送ってくれ。
確認できれば信用有りとして、携帯電話代金の実費を支払った上で融資を実行します」

などと謳って利用者に複数の携帯電話を契約させ、郵送させます。

あるいは、バイトと称して1日で多くの携帯ショップを廻らせて、
携帯電話やスマホを複数契約させて、その後即解約を繰り返し行わせ、買い取るという手法です。

高額報酬の裏バイトとして飛びつく人もいるのですが、後にはローンの支払いのみが残ります。

これを闇金業者は転売して利益を得るか、
ヤミ金営業のタメに裏携帯と使用する2点の利用用途があるんですね。

携帯電話は闇金業者にとって営業するための必須アイテム
ともいえる重要な存在ですから業者としては利用価値が高いのです。

ちなみに、融資希望者にはごく少額の融資しかしない、
あるは全く融資せずに行方をくらましてしまうものです。

闇金業者はだまし取った闇携帯を営業用に使用・あるいは転売する

銀行口座を開設するように命じられる事も

携帯電話の複数契約を迫る以外にも、
銀行口座を開設して口座情報を渡すように命じてくる場合もあります。

違法に貸金業を営んでいるヤミ金は、
捜査の手を免れる為に様々な名義を変えているため、
弁済の受け取りにつかう銀行口座も自分の名義で開設していません。

名義屋と呼ばれる業者から他人名義の銀行口座を買い取って使用することもありますが、
1口座が数万円〜と高額なため、返済できない人や借入希望者相手に強要しています。

ヤミ金被害の相談で警察や弁護士が動いた場合、
銀行口座の凍結をすることは闇金業者に大きなダメージを与えますが、
もしあなたが自分名義の口座をヤミ金業者に渡していた場合、
あなた名義の銀行口座は全て凍結され、復旧させる事は非常に困難になります。

ヤミ金利用者の心理的状況を利用して強要する

闇金から借りて返済できず、厳しい取立てや激しい嫌がらせを受けると精神的に追い詰めてきます。

あるいはまだ借りていない状況であっても、

「どうしてもお金を借りたい」

「高金利であっても貸して欲しい」

と切羽詰まった状態の相手も、精神的に追い詰められた状態です。

こういった相手の心理状態を利用して、借金返済の代わりに自分の名義で携帯電話の契約をしたり、
銀行預金口座を開設させるよう、言葉巧みに迫ってきます。

「応じれば、厳しい取り立てから開放される」

「応じれば、お金を貸して貰える」

そう思ってつい応じてしまうのですが、
残念ながら取り立てが止まるわけでも無く、お金を貸して貰える訳でもありません。

言われるがままに渡したら最後、カモにされるだけなのです。

それどころか、犯罪に荷担したと見なされる可能性すらあるのです。

闇金の手先として詐欺・違法行為に加担することになります

自分で利用する意思がないのに携帯電話の契約をして他人に譲渡するのは違法であり、
騙されてしまった本人も闇金業者に協力したとみなされてしまう危険があります。

また契約者本人としてその利用料もしっかり請求されますから、携帯会社へのローンの支払い義務は残ったままです。

もちろん、事前にヤミ金業者はそういった説明などないまま、強制的に借りるよう命じてくるだけなのです。

銀行口座や携帯電話を渡す前に、出来るだけ早い段階で法律の専門家に相談してください。

闇金相談サポートトップページに戻る

-闇金の手口

Copyright© 闇金相談サポート@警察だけでは駄目!取り立て嫌がらせ対策法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.